株を学んで初心者脱出 TOP

単元未満株に向いている銘柄とは



単元未満株を買う場合にどんな銘柄を選ぶべきか。 これは単元株かどうかよりも投資スタイルによって変わります。 「例えば株のデイトレードをやってみたいけど、 初心者なので単元未満株で練習してみたい」 というような場合は値動きが大きい銘柄を選ぶことになります。 単元未満株でデイトレードをやる場合にネックとなるのが手数料。

■例:SBI証券の手数料

●通常の現物取引の売買手数料
約定代金の0.15%(1注文の約定代金10万円まで)

●単元未満株の売買手数料
約定代金の0.540%(最低手数料は税込54円)

上記を見てわかるように単元未満株の手数料は通常より割高です。 そのためデイトレードを行う場合は、 値動きが大きい銘柄でなければ利益を確保することは難しくなります。

上記とは逆に、 「毎月、積立預金の感覚で少しづつ単元未満株を買い増ししたい」 というような場合は値動きが少ない安定した銘柄がベストです。 何故なら値動きが大きいと買値がバラバラになってしまい、 買い増しを続けていくと含み損を抱えることになりかねません。

この場合はいずれ単元株数に達することも踏まえ、 株主優待が充実している銘柄を選んだり、 長期で保有するので配当利回りがいい銘柄を選ぶことがポイントです。

©株を学んで初心者脱出