株を学んで初心者脱出 TOP

株主優待を狙うならクロス取引で



●株主優待をお得に取得できるクロス取引とは
株主優待を目的に株を買う場合に、 どうしても気になるのが権利取得後の株価下落。 人気の株主優待になるほど権利付最終日に向けて株価が上がり、 権利確定後は売りが増えて株価が下がるケースが目立ちます。

株価が下がって損失が出るようでは株主優待のメリットが台無し。 売るに売れなくなった株を持ち続ける羽目になり、 結果として塩漬け株になってしまうなんてことも。 こんな失敗をしないために、株主優待を狙うならクロス取引を使いましょう。

クロス取引とは現物買いと信用売りを同時に行う方法。 同じ値段で買いと売りを入れておくことで、 株価が動いても差額を相殺できるという仕組みです。 この方法なら手数料などわずかな出費は掛かるものの、 株価が下がって損失が膨らむ心配がありません。 言わば株価下落に備えて保険を掛けておくようなものですね。

●一般信用取引なら逆日歩のリスクがゼロ
しかし気をつけたいのが信用取引で発生する逆日歩です。 信用取引では証券会社で貸出す株が少なくなったとき、 その株をカラ売りしている人に掛かってくる費用です。 簡単に言えば「足りない分の株を借りてくるので、 その費用をみなさんで割り勘してください」という感じです。 逆日歩は「1株あたり1日×円×銭」という感じで掛かるので、 結構な出費になることもしばしば。

そこで使いたいのが一般信用取引のカラ売り。 一般信用取引は証券会社が独自にルールを決めている商品なので、 逆日歩が発生する心配がないという特徴があります。 コレを使ってクロス取引を行えば、 手数料と金利だけで株主優待が手に入るというお得な裏ワザ。

ちなみに大手証券ネット会社で一般信用取引を使える会社は少なく、 有名どころではSBI証券とカブドットコム証券の二社くらい。 どちらかと言えばカブドットコム証券のほうが使いやすく、 取り扱っている銘柄数も豊富なのでおすすめです。

©株を学んで初心者脱出